更年期障害対策のホルモン治療とは

女性は30代後半ごろから徐々に卵巣の機能が衰え始め50歳頃には閉経を迎えます。
機能の衰えは卵巣から分泌されている女性ホルモンの量にも影響するようになります。女性ホルモンの分泌量の変化によって自律神経などに影響が出るようになり体や心に様々な症状が出るようになります。
45~55歳頃はエストロゲンの分泌量が急激に減少するので、特に症状があらわれやすくなります。症状が時には日常生活に支障をきたすほどに重い場合を更年期障害と呼んでいます。更年期障害の症状は様々な種類があり、症状の重さにも個人差があります。のぼせや大量の汗、動悸など自律神経系の症状が重い場合の治療としてはホルモン療法が効果的です。ホルモン療法には、内服薬と張り薬や塗り薬などの外用薬があります。更年期障害は、女性ホルモンのが急激に減少したことが原因で起きる症状ですから、女性ホルモンを体に補うことでホルモンバランスが整い症状が改善していきます。ホルモン療法を初めて数日後には症状が軽くなり効果を実感できるようになります。更年期障害の症状を疑った場合は、内科や婦人科の医師に相談してみましょう。

ホットフラッシュ改善は、サプリメント!

ホットフラッシュは女性が更年期を迎える、40代半ばくらいから起きやすくなります。
ちょうど、女性が閉経を迎える前後10年間の間に経験することが多いようです。
人によっては、ならないこともありますが、なってしまっても色々な改善法がありますからそれほど心配は要りません。
ホットフラッシュは、暑くないときでも急に発汗が起きたり、のぼせたりします。
病院などで、治療する方法もありますが、減少した女性ホルモンであるエストロゲンをサプリメントで補う方法もあります(おすすめ →更年期サプリメントならコチラのサイト)。
特に、大豆に含まれる植物性のイソフラボンは女性ホルモンと同じような作用があるため飲むことで改善することがあります。
さらにホットフラッシュの予防のため、運動をすることで精神的なストレスを定期的に発散することも大切です。

抗酸化作用と老化防止

老化防止のためには、活性酸素の発生を防ぐこと、その働きを抑制することは必要不可欠です。
活性酸素は紫外線を浴びたり、激しい運動を行ったりすることで発生する、強い酸化力を持った物質です。量が適度ですと問題はないのですが、過剰になるとその酸化力で細胞を傷つけてしまいます。その結果として細胞が傷つくと、様々な病気が発生したり、老化現象が引き起こされてしまいます。体には活性酸素に対抗するための力、抗酸化力が備わっているのですが、この力は加齢などによって少しずつ、減少していきます。ですから、外側からその力を補充することは老化防止には重要です。抗酸化作用を持った成分は、実は意外と多く存在しており、食品などからでも摂取することは十分に可能です。たとえば色の濃い野菜などは抗酸化作用の宝庫ですし、緑茶やそば、大豆食品と言った日本人に馴染みのある食品にも、抗酸化力を持った成分は豊富に含まれています。これらの食品を上手に摂取しつつ、活性酸素を発生させないように努めることが、老化防止のためには効果的です。

よく噛むことの効果は、老化防止効果だった

老化防止の一つによく噛むことがあります。
よく噛むことによって唾液が十分に分泌されるようになるので、食物をよく消化できます。また唾液には食物を飲み込む助けにもなりますから、よく噛むことで飲みこみやすくすることができます。さらに噛むことで顔や首の筋肉をよく使うようになるため、筋力を鍛えることができます。また他にも噛むことの益は脳へ刺激を与えることです。たとえば朝寝起きは頭がよく働かないかもしれません。朝食でよく咀嚼をすることで、だんだん目が覚めてきます。同じように老化防止のために、常によく咀嚼することで思考を明晰に保つ助けになります。ですから食事の際は意識的に十分に噛むようにしましょう。すぐに飲む込まない習慣を培うことが鍵です。

実はすごい蕎麦のアンチエイジング効果

アンチエイジング効果が高いルチンが含まれている食べ物に、蕎麦があります。
このルチンはフラボノイド系のポリフェノールの一種です。
ルチンには非常に強力な抗酸化作用があります。
人間は生きている以上、酸素を必要とします。
しかし、この酸素の一部が活性酸素となり、身体の細胞を傷つけたり老化を促進します。
この活性酸素に対抗するのが、抗酸化作用をもったルチンです。
活性酸素を体内から除去するはたらきによって、細胞の老化を防ぎ身体をいつまでも若々しく保つことができます。
このルチンにはビタミンCの吸収を促進してくれる作用もあります。
ですから、蕎麦を食べたあとは、ビタミンCを多く含むみかんなどのフルーツがお勧めです。
ルチンとビタミンCの相乗効果で、コラーゲンの合成を促し、シミやシワを予防してくれます。

ハイビスカスのアンチエイジング効果

美容と健康を保つために必要な栄養素はビタミンです。人は自らビタミンを体内で生成することは出来ません。
そのため外部から取り入れる努力が必要なのですが、アンチエイジング効果のあるものの中で最近注目されているのがハイビスカスです。
その美しさから多くの逸話を持つクレオパトラも愛したこの花には豊富なビタミン・ミネラルが含まれています。
眼病予防に効果的なビタミンA、美肌効果にビタミンBはよく知られていますが、他に体内エネルギー代謝と新陳代謝向上・疲労回復の促進作用のある植物酸(クエン酸・リンゴ酸・ハイビスカス酸)とミネラル(鉄・カリウム)の豊富さは驚くべき量です。
アンチエイジング対策としてハイビスカスを取り入れるためにはお茶、最近ではワインもありますので、気軽に始められそうです。

メカブフコイダンで免疫力向上

今、注目を集めている健康成分がメカブフコイダンです。
メカブフコイダンとはメカブや昆布、モズクなどに含まれているネバネバとした成分のことを言います。この成分の特徴は摂取することで免疫細胞の1つであるNK細胞を活性化してくれることです。これにより、免疫力がアップしてアレルギーを抑えたり、ウイルスの侵入を防ぐ効果が期待できます。さらに副作用の少ないがんの治療方法としても期待が集まっています。
メカブフコイダンは熱に強い成分のため、熱加工を施した海藻類からでも摂取することが可能です。汁物やサラダなど毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。尚、毎日海藻類を摂取するのは難しいという方はサプリメントの利用をおすすめします。

美容の効果に期待!マヌカハニーの栄養素

マヌカハニーはその高い殺菌作用が注目を集めているのですが、美容に有効な栄養素が含まれていることも知られています。
一般的な腸内の悪玉菌の活動の抑制や殺菌効果があるとされており、数年間抗生物質を投与しても治療できなかった胃腸疾患を短期間で治療できたという症例もあります。食品としての栄養価も高いですし、食品なので薬のように副作用のリスクが少ないことも人気の理由です。マヌカハニーには胃腸疾患の改善や虫歯の治療、風邪の予防、インフルエンザの予防、がんの予防、糖尿病の改善、炎症を和らげるといった効果があるということです。また、マヌカハニーを肌に直接塗ることでニキビなどの肌トラブルを改善することもできるとされています。